会社を知る

  1. HOME
  2. 会社を知る
  3. エクシーズでできること

一括請負の受託開発で社員も成長できます

創業以来、エクシーズがこだわりをもって取り組んでいるのが「受託開発」です。「受託開発」とはお客様から直接のご依頼をいただきシステムの開発を行う、請負型でワンストップの仕事です。

「受託開発」で携わる業種は、情報通信業・流通業・サービス業・運送業・製造業など多岐にわたるため、それぞれの業界の特性を深く知り、適切なシステムを提案する必要があります。クリアすべき課題が毎回違うという難しさがある一方、常に新しいことにチャレンジできる楽しさもあり、やりがいや成長を感じられる機会も多いでしょう。また、エクシーズが「受託開発」にこだわる理由のひとつに、社員自身が多様な経験・知識・技術を身につけられることもあります。

「受託開発」では、ITが専門分野ではないお客様とのやりとりも発生するため、コンサルティングのような側面も求められます。お客様と共に開発の目的を整理し、要望を汲み取り、期待を超えるさらなる提案を加えます。それを仕様書にまとめて、社内外のプログラマーへ伝えるなど、調整力やコミュニケーション能力を発揮できるシーンも多数です。

世界的メーカーの技術パートナーになれます

創業時から、世界的なメーカーの技術パートナーとして、生産管理システムの開発・導入・保守改善を担っています。

この仕事のやりがいは、メーカーの社員さん同様に生産の現場について深く理解し、現場をよく知る人にしか構築できないシステムをつくれること。そこには世界が認める製品づくりを支える喜び、そしてプライドがあります。また長年のパートナーとして信頼される関係づくりも、大切な業務のひとつ。現在は、システム改善の提案やコンサルティング業務にも注力しており、メーカーと二人三脚で成長し、この先も選ばれ続ける技術パートナーを目指しています。

社会のインフラをつくれます

空の安全を守る航空管制基幹システムや、電力会社の非常災害情報システム、医薬品の販売管理システムなど「日本のインフラ」となるシステムを大手SI企業の技術パートナーとして手がけています。

これらのシステムは重要度がたいへん高く、国家規模での影響を与えるシステムです。それに携わることへの責任に身が引き締まる一方、社会が正常に機能していく上で無くてはならないシステム手がける充実感も得られます。また業務をとおして非常に高度な専門知識が身につき、特定分野のスペシャリストとしても成長できます。

また今後は、IoTやAIによるビッグデータの解析も「インフラ」のひとつになります。新しい分野でも活躍できるよう今、準備を進めています。

雰囲気のいい日々を過ごせます

「社内の雰囲気がいい」と社員自身が評価していることもエクシーズの持ち味です。若手社員からも「先輩に相談しやすい」という声が聞こえ、風通しのよい日々を過ごせているようです。

年齢や役職に関係なく、気軽に質問し合える関係づくりは、ある意味仕事をスムーズに進行させる秘訣です。人間関係に煩わされることなく仕事に打ち込める環境があれば、社員一人ひとりが実力を発揮しやすくなって成長もスピードアップ。ひいては高品質のシステム開発にもつながるからです。

また、社員の自由と自律を尊重する企業風土もエクシーズの魅力です。勤務時間を個人が効率的に配分できる「完全フレックスタイム制度」、自由な服装で出勤できる「オールカジュアルデー」。また年齢や役職に関係なく全員を「さん付け」で呼び合うなど、社員は自分らしさを大切にしながら、仕事に取り組んでいます。