人を知る

  1. HOME
  2. 人を知る

製造業やサービス業など、さまざまな業界のシステムを開発。入社2年目にプロジェクトマネージャーを務めた経験もあります。子どもの頃からパソコン好き、モノづくり派。

エクシーズのどんなところに魅力を感じ、就職を志望しましたか?

最初に魅力を感じたのは、社長のキャラクターです。社長の浦上は、会社説明会に毎回参加しています。様々な会社説明会に参加しましたが、社長が自ら話しているケースは、ほとんどありません。大きい会社になればなるほど、その傾向が強かったような印象が残っています。しかし、社長とは、会社の顔そのものであり、会社を代表する存在ですよね。社長からはおのずと会社の状況や雰囲気が発信されるのではないだろうか?と、就活生だった私は想像をめぐらせていました。

その点、当社の浦上は、おおらかで風通しのいい雰囲気を醸し出していました。なにより会社説明会に参加している時点で魅力的でしたし、学生との間の壁を感じませんでした。話も会社のいいところ、悪いところを分け隔てなくオープンにして、裏話も教えてくれる。リアルな課題や欠点を聞いてイヤになるどころか、むしろエクシーズに対する信頼性が増しました。そして、こんな社長が創業者ならば、おもしろい会社だろうと興味がわいてきたのです。

興味をもってエクシーズの採用サイトを見ると「受託開発」の仕事に携われると記載されていました。私自身、システム開発の最初から最後までに関われる「受託開発」の仕事を希望していましたし、企業研究をするうちに同規模の会社で「受託開発」を手がけている企業はあまりないと分かったのです。ならば、どうしてエクシーズは「受託開発」ができているのか?とますます興味を持ち、志望するにいたりました。私が福岡での就職を希望していたのも、決め手となりましたね。

「受託開発」のやりがいはどこにありましたか?

システム開発の最初から最後までの全体に関われるのが「受託開発」の楽しさであり、やりがいです。もちろん大変な部分はありますが、その分得られるものは非常に多いです。

 「受託開発」では、いろいろな業種のお客様と関わることができるので、幅広い業種についての知識を得ることができますし、全体を見渡せることでシステム開発における視野を広げていくことができます。そういった知識や広い視野を次の開発へ活かしていくことで自身の成長を実感でき、やりがいに繋がりますね。

ちなみに、私の場合は受託開発に関わることを志望していたこともあり、入社後「受託開発」の案件に携わることになりました。システム開発の全体に関わりたいとの思いもありましたので、1年目の終わりにはお客様との打ち合わせに参加するようになり、2年目には小さなプロジェクトを任せてもらえました。メンバーが私以外にひとりと、ほんとうに小さなプロジェクトでしたが、最初から最後までシステム開発に携わることができ、自身の成長を実感することができました。

エクシーズは積極的に手を挙げた社員にチャンスを与えてくれ、成長を後押ししてくれる会社だと感じています。

また、システム開発の全体を通して関われる仕事ですと、お客様と共に“ああでもないこうでもない”と意見交換や創意工夫をしながらシステムを構築していけます。自分の提案ができる環境で、私が元来好きである「モノづくり」をしているという実感を持てるのも、大きなやりがいになっています。

社内の雰囲気はどうでしたか?

会社説明会で受けた社長の印象の通り、エクシーズには非常に風通しのいい社風があります。

先輩たちも若手の話もきちんと受け止めてくれるので、何か困ったことがあればすぐに声に出し、臆することなく相談しています。自分ひとりで考えると、どうしても視野が狭くなりがちです。多くの経験を積んだ先輩たちが周囲にたくさんいるので、頼らない手はありません。

また、相談する時は、まずは自分で考えた意見をぶつけてみて、それに対して先輩がどう思うのか?について質問するように心がけています。漠然と質問されるより、最初に自分の意見を伝えた方が相手の方も回答しやすいでしょうし、意見に対して掘り下げて考えてくれるからです。

みなさん自分のやり方や回答が絶対に正しいといった感じもなく、それぞれが「私はこう思っている」と意見を交換しながら前に進めていくのも、エクシーズらしいと思っています。そんな先輩たちの姿勢やコミュニケーションの取り方がとても好きなので、自分もそんな先輩になりたいですね。

一方、私の後輩に対しては「もっと意見や、自分のやりたいことをぶつけてほしい」と思っています。ガンガン指摘をしてもらって構わないし、そうした方が仕事のパートナーとしていい関係をつくれるのかなと。ですから、後輩がそうしやすくなる雰囲気をもっと私からつくっていきたいですね。

これからエクシーズで、どのような「見晴らしのいい未来」を描いていきたいですか?

今、社内で本当にいろいろな経験をさせてもらっています。早いうちから「受託開発」のマネージャー的な役割も担わせてもらい、受け持ったお客様の業種も幅広いです。また、社内のサーバーの管理も行うなど、多種多様な業務に取り組んでいます。同じ業界に就職した友達の話を聞くと、まだプログラミングが業務のほとんどという人も多いので、エクシーズの環境がめずらしいのかもしれません。大企業ではたらくよりも仕事の規模は小さいかもしれませんが、濃密さでは負けていないと思います。

ということで、今はまだ様々なことを経験したいので、自分の未来についてはあれこれ考えている途中です。しかし、あれこれ考えることができるほど、エクシーズで様々な経験をさせてもらっているので、その先にはたくさんの可能性が広がっていると感じています。たくさんの可能性の中から、自分は思った道を選んで進むことができるでしょう。それが私にとっての「見晴らしのいい未来」だと思います。

就職活動中の学生さんに、アドバイスしたいことはありますか?

今はweb上に就活情報があふれています。企業からのメッセージや社員の声を見ては、いろいろと比較されていると思います。

そんな状況の中で私が頼りにしていたのは、大学の先輩や先生からもらえる生の声と説明会に行って感じる会社の実際の雰囲気でした。迷った時はどんどん質問して、生の声を集めてみてください。また、気になった会社があれば説明会へ参加しましょう。そうすればきっと、自分にあった会社が見つかると思います。